二種免許を取得するためのポイントをチェック

3つの注意点を押さえて二種免許をゲット!資格が活かせる仕事も紹介

仕事を探す

二種免許を取得したら、資格を活かすことができる仕事を探してみると良いでしょう。また、このような仕事について知っておけば、資格取得のモチベーションも高まります。ランキング形式で二種免許が活かせる資格を紹介していくので、目を通しておきましょう。

二種免許が活きる仕事3選

no.1

タクシードライバー

最も二種免許を生かしやすい仕事として知られているのが、タクシードライバーです。タクシードライバーであれば、初心者でも始めやすいでしょう。求人情報も多いので、簡単に職場を見つけることができます。タクシードライバーになるために資格を取る人もいるのです。

no.2

ハイヤードライバー

ハイヤードライバーも人気の高い仕事の一つです。タクシードライバーよりも、高いホスピタリティが求められるでしょう。一人のお客様に対して、最高のサービスを提供するのがハイヤードライバーなのです。また、乗客のレベルもかなり高くなるでしょう。

no.3

介護タクシードライバー

一般的なタクシーではなく、介護専門のタクシードライバーの需要も高まってきています。高齢化が進むにつれて、さらに需要が見込めるでしょう。介護タクシードライバーになるためには、介護職員初任者研修を取得する必要があります。また、一般的なタクシードライバーからの転職も多いのです。

二種免許を取得するためのポイントをチェック

教習所

合図と確認

二種免許を取得のポイントとなるのが、発進時や停車時の合図です。合図を出すタイミングが早すぎたり、遅すぎたりすると減点の対象となってしまうので注意しておきましょう。適切なタイミングで合図を出す必要があるのです。普段の教習から意識するようにしましょう。また、後方確認なども忘れてはなりません。

左折する時の間隔

実技試験で気を付けたいポイントとして挙げられるのが、左折をする時の間隔です。左折の際は、不動物から50㎝以上の距離を取らなければなりません。また、縁石などから1m以上離れてしまっても減点となります。距離感に注意しながら走行しましょう。そして、木の枝などが道路から飛び出していることもあります。この場合、木の枝の先端から50㎝程の距離を取るようにしましょう。

路側帯への寄せ方

二種免許の実技試験では、路側帯に寄せすぎて減点されることが多いと言われています。無意識に路側帯へぴったりと寄せると、内輪差などによって白線の上にタイヤが乗ってしまうこともあるのです。運転に慣れているドライバーに多いミスとされているので注意しましょう。白線から15㎝程度距離を開けて停車するのが望ましいとされています。

実技試験経験者の声

確認が大切【男性】

二種免許の実技試験だと、とにかく確認が大切ですね。ちょっとのミスで減点されてしまうので、確認漏れがないように集中していました。特に、後方確認は忘れやすいので、気を付けたいですね。

車を寄せすぎた【男性】

路側帯に停車する時に、いつもの感覚でやったら減点されてしまいました。白線にタイヤが乗っていたみたいです。二回目の試験では、距離感に気を付けながら停車したので大丈夫でした。

合図のタイミング【女性】

ウィンカーなど、合図を出すタイミングについては教習中から細かく指摘されましたね。おかげで実技試験を問題なくクリアできました。合図についてはかなり気を使いますよ。

リラックスしよう【男性】

実技試験ではリラックスするように意識するのがポイントだと思いますね。緊張してしまうと、普段ではありえないようなミスが出てしまうんですよ。発進前に深呼吸すると効果的ですね。

間隔を確認する【女性】

左折時の間隔などは、教習中からしっかりと確認しておいた方が良いですよ。ちょっとでも近すぎたり、遠かったりすると原点になりますから。試験前に間隔を掴んでおくと安心ですね。

広告募集中